残念なハト除けネット

施工8ヶ月後...ベースが剥がれてしまい隙間が出来ています

あなたに

ちょっと聞いて欲しい話しがあります。

 

害鳥駆除事業を始めてから3年目。

お陰様で問い合わせも徐々に増えていました。

その頃、「ハト除けネット」の施工依頼が月に数件ありましたが、全てお断りしていました。

なぜなら、

ウチは『駆除』専門、『防除』はしない!!

という方針を取っていたからです。

「はぁ、そうなんですか...」

 

お客様のガッカリした声を聞くたびに

心が痛んでいました。

 

そこで、スタッフと相談し

「お客様に喜んでいただけるなら」

ということで、

お受けすることにしたのですが、、、

残念ながら

私たちにはノウハウがありませんでした。

そんな時、ちょうど国内最大手の

防鳥ネット会社から業務提携の話しがありました。

先方の代表・幹部の方と面談したうえで、

ここなら大丈夫と思い、

2019年春に業務提携をしました。

それからは月に1~2件の

ハト除けネット施工を外部委託しました。

もちろん勉強のためなので、儲けは0です。

担当の作業員は、

いつも短時間できれいな仕事をしてくれました。

が、

気になる点が一つ。

それはネットを取付けるベースを

両面テープとボンドで接着していたこと。

「それ、剥がれたりしないんですか?」

と担当者に尋ねると、、、

「大丈夫ですよ!!

ほかの業者も皆そうですから。

例え取れても5年保証してますから!!

そう明るく断言されても

所長の三浦は不安でした。

なぜなら、

その会社が施工したお客様からの

ハト駆除依頼を2件受けていたからです。

​提携以来、トラブルはなかったのですが、、、

発見が早かったので、まだハトは侵入していませんでした。

100個近くのベースのうち、18個が剥がれていました。

18個のベースを取払い、電動ドリルで穴を空けて、、、

ベースをネジで固定してから、、、

結束バンドでネットを取り付けました。

この現場の担当者は、

1日に3件の施工をするそうです。

こちらのハト除けネットも

2時間少々で取り付けました。

が、

18個の補修にかかった時間は

なんと2時間半!!

ベースをビス止めするのは

本当に手間がかかります (汗)

そのため

施工単価が他社よりちょっとお高くなっています。

​さて、あなたはどちらを選びますか?

※注 この記事は事実を述べていますが、他業者を批判するものではありません。

福岡害鳥駆除センター

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

◆​ 請負業者賠償責任保険 1億円  ◆ ​生産物賠償責任保険 1億円

〒813-0033 福岡県福岡市東区多々良 2-21-37

ハト駆除に掲載しています。
logo.gif

TEL 092-683-3581    FAX 092-683-3582

footer_img_logo.png

Copyright(C) 2018 Fukuoka-gaichokujo center