工場にハトが棲みついたら...



ハトは工場や倉庫が

大好きです。


なぜでしょう?


あなたの職場に居座る灰色のハトは、

「ドバト」といって1,500年前に渡来しました。

室町時代には「たうばと(塔鳩)」、

安土桃山時代には「だうばと(堂鳩)」、

江戸時代になって「ドバト(土鳩)」と呼ばれるようになりました。


このドバト、

原種は「カワラバト」といって

もともとは断崖絶壁に巣を作っていました。

ドバトには、工場や倉庫が断崖に見えるのでしょう。


また、工場・倉庫内は雨風をしのげるし、

外敵から見つかりにくい安全な場所です。


とくに壁面の横梁(通称Cチャン)の鉄骨は

「コ」の字が上を向いており、

とても巣が作りやすいのです。











↑ 工場のCチャンに無造作に産みつけられたドバトの卵


ドバトに棲みつかれて、一番困るのが糞と羽毛です。


ハトの糞には様々な病原菌が潜んで居ます。


長年、鳩糞を清掃をしていた人が

「鳥関連アレルギー」にかかり命を落としかけたり、

肺炎・髄膜炎・流産を引き起こす寄生虫も潜んでいます。


しかも、ハトの糞は酸性で金属を腐食します。

米国では鳩糞により鉄橋が崩落した事故も起こっています。


そんな厄介者のドバトですが、

残念ながら、手を出すことができません...


「鳥獣保護管理法」

許可無く捕まえたり、故意に傷付けた場合は

1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。


職場にハトが巣を作ったら、

狩猟資格を持った業者に依頼するしかありません。


ハトの巣を取り除く様子は、こちらでご覧いただけます。

57歳。文字通り体を張っています(笑)


↓ 鳩の巣を探しているところ

https://www.youtube.com/watch?v=FGa45owF7jw

↓ 見つけたハトの巣

https://www.youtube.com/watch?v=7WLYXZF_0mY


23回の閲覧

福岡害鳥駆除センター

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

◆​ 請負業者賠償責任保険 1億円  ◆ ​生産物賠償責任保険 1億円

〒813-0033 福岡県福岡市東区多々良 2-21-37

ハト駆除に掲載しています。
logo.gif

TEL 092-683-3581    FAX 092-683-3582

footer_img_logo.png

Copyright(C) 2018 Fukuoka-gaichokujo center